print

2013年度全社研修

2013年度全社研修 

当社における人材育成の考え方

 当社では製品・サービスの品質を高め、お客様の満足度を向上するため、長期的な視点から人材育成に取り組んでおり、ビジネスの革新を実現できる実務能力や、高度な技術でお客様に付加価値を提供できるITプロフェッショナルの育成を目指しています。ITスキル、ヒューマンスキル、行動力などの求められる要素をバランスよく身につけられるように、研修のカリキュラムを策定しています。
 恒例となりました毎年夏の全社員受講の研修では、これまでに人間力向上、コンプライアンス、危機管理、メンタルトレーニング、TQMなどをテーマに取り上げてきました。
 

2013年の全社研修

 7月20日(土)に「ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと」「正しいなぜ3とカイゼン」と題した2テーマで全社研修を開催し、230名の社員が受講しました。

「ディズニー サービスの神様が教えてくれたこと」研修

鎌田洋先生

鎌田洋先生

 ベストセラーとなった「ディズニー 掃除の神様が教えてくれたこと」の著者が本研修の講師です。1983年の東京ディズニーランドオープン時にスタッフ育成や教育に携わった、鎌田洋先生(株式会社ヴィジョナリー・ジャパン代表取締役)を講師にお迎えして、ディズニーランドにおけるお客様を大事にしてファンにする事例を紹介いただきながら「CS成功の原則」を学びました。環境の変化により人(お客様)の価値観も常に変わり続ける昨今では「CSは経営戦略」とも考えられるような重要な位置付けになっています。CSの基本を見直す上で非常に有意義な研修となりました。
 研修では質疑応答をした当社社員に対してディズニーグッズを配られるなど、終始和やかな雰囲気に。鎌田先生の人柄や思いやりも伝わってくるような時間でした。

 

「正しいなぜ3とカイゼン」研修

 当社では2011年から なぜなぜ分析研修 を品質向上に向けて実施していますが、今回は日本電気株式会社(NEC)で実践されているなぜなぜ分析「なぜ3」の研修です。
 講師には、「人重視マネジメント」の指導者として、国内・海外問わずNECグループ以外の現場でも革新活動を展開される黒岩雅彦先生(日本電気株式会社品質推進本部エバンジェリスト)をお迎えし、「なぜ3」の概要やポイントを学びました。この「なぜ3」の特徴は、進捗スピードの速さにあります。そうすることで、プロジェクト完了後のみでなく上工程から行い、品質向上やコストカット等を目的とします。
 「人の行い」から日頃の思いや悩みのキーワードを捉え、組織風土、役割、責任範囲等の環境を改善し、「人重視マネジメント」による現場革新の契機となるという分析手法はまさに革新的。当社社員にとって非常にインパクトのある講義内容でした。

黒岩雅彦先生

黒岩雅彦先生

 

過去の全社研修

 当社の経営ビジョンには「お客様第一主義」「高い品質と技術」「お客様信頼度ナンバーワン」が謳われています。そして今年度は「最高品質の実現」が経営計画の基本方針に挙がっています。
 過去のテーマもビジネススキル、コンプライアンス、ヒューマンスキル、行動力、人間力など多岐に渡りますが、経営ビジョンや基本方針の実現へ向けて皆が気づき、共有し発展させていくための機会という位置づけは、開催当初から変わりません

 

過去の全社教育の研修テーマ

ビジネススキル研修 文章力向上
論理的思考能力の強化
ヒューマンスキル研修 危機管理・人間力向上
ポートフォリオを活用した自己発展
全員参加で事故・トラブルを防ぐ
メンタルケア研修 メンタルトレーニング
社会や法律に係わる研修 各種ハラスメントの予防

 

 


ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。