print

デジタルサイネージシステム導入のための検討ポイント

2012年2月8日

 

トップ画像

 

交通機関、駅構内や公共スペースのインフォメーション、店舗の商品案内、館内の施設案内やイベント会場の表示など、デジタルサイネージ(電子看板)が急増しています。当社もかねてより、通信やネットワークを生かしたデジタルサイネージシステムの構築、運用サポートなどに取り組んでいます。ここではデジタルサイネージシステム導入のための検討ポイントと当社取扱いのデジタルサイネージシステムをご紹介いたします。

 

デジタルサイネージとは(ウィキペディアからの引用

デジタルサイネージ(Digital Signage=電子看板)とは、表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクタなどによって映像や情報を表示する広告媒体です。
デジタル通信で表示内容をいつでも受信が可能で、内蔵記憶装置に多数の表示情報を保持することで必要ならば、秒単位で表示内容を切り替えたり動画表示を行うなど、多様な映像広告・情報発信を展開することができます。

 

その呼称は、映像配信、音声配信、デジタルPOP、デジタル掲示板、デジタル・コンテンツ配信システム、電子POP、電子ポスター、電子ボード、電子看板システム、電子掲示板システム、電子広告板、・・など様々ありますが、すべて同等のシステムの呼称であるとされています。

 

デジタルサイネージシステム導入のための検討ポイント

たとえば、商業施設であれば館内の店舗や施設案内表示、お店であればお薦め商品案内、学校や公共施設であればイベント告知やお知らせ等々、様々な用途にデジタルサイネージシステムが活用されています。
デジタルサイネージシステムは、『情報発信』のためのツールである以上、興味関心をひくコンテンツが大変重要です。
そのためには、コンテンツ創りをするクリエーター、またその運用管理する運用スタッフ、そして運用を支援するための仕組み:システムがあって成り立つソリューションです。

 

【デジタルサイネージ運用に必要な3つの要素】
 
 必要要素 

要素 解説
コンテンツ  訴求相手を明確にし、興味関心をひくコンテンツが必要。
システム システムには、ハードウェア・インフラ面と運用ソフトウエアシステムの面がある。
 設置環境や運用時間などもこの要素に含まれる。 
 (設置場所でタイムリーな情報提供が出来る仕組みであるかがポイント。
スタッフ 外部に発信するホームページや広告、CMなどと同様、その更新頻度なども含め、
 担当するスタッフの配置がポイントとなります。アウトソーシング活用などの手もあります。

特に、運用システムと専門スタッフの配置が安定運用に大きく関係すると考えます。より少ない人員でタイムリーな情報提供をするためには、ターゲットの明確化とそれに見合ったシステム選択が必要です。 
これらの検討ポイントを踏まえた上で、コストパフォーマンスに優れた最適なデジタルサイネージシステムを導入する必要があると思います。 

 

当社取扱いのお薦めデジタルサイネージシステム ご案内

当社がお薦めするメーカ各社のデジタルサイネージシステムです。  

製品名 お薦めポイント

NEC デジタルサイネージキット「美映エル(ミハエル)」 

【メディアプレイヤ MP-01は、2016年12月販売終了しました】

 デジタルサイネージシステムのエントリー製品として、スタンドアロン利用が可能なハード、ソフトがすべてそろったオールインワン製品。
 24型、32型、42型が選択できる業務用パブリックディスプレイ+スタンドと
 デジタルサイネージ専用端末「MP-01」がセットになった大変お得な製品です。

コンテック デジタルサイネージプレイヤー  堅牢・簡単デジタルサイネージプレイヤー コンテック「DS-210D」。
 永年、産業用・計測用パソコンを製造販売するコンテック社がミラクル・リナックス社と共同開発したデジタルサイネージ専用プレイヤー。
 WEBサイトの自動閲覧機能とスケジュール機能を使い、リアルタイムで更新されるコンテンツを表示する仕組みが容易に構築可能な製品です。

NEC AdWindow

(メーカーホームページにリンク) 

 病院の受付システムや施設予約システムなど基幹業務システムと連携できる、多くの導入事例があるデジタルサイネージシステムです。
 数多くのモニターをネットワークし、リアルタイムな情報表示が可能な小規模から大規模まで構築可能なデジタルサイネージシステムです。

スターネット サイネージリレーションCMSサービス 

(メーカーホームページにリンク)

 デジタルサイネージの仕組みをクラウド型サービスとして提供。
 タッチパネル型端末を活用した双方向通信デジタルサイネージが利用でき、デジタルサイネージコンテンツの作成と管理はPC上のブラウザから行える。
 また、iPadに対応し、大型ディスプレイが設置できない場所でも、iPadをサイネージ端末として活用できる。

上記のシステムは、当社が取扱うメーカ各社の製品サービスです。デジタルサイネージシステム導入に当たってのコンサルティングや運用サービスなど、弊社提携会社との連携も含め、お客様のデジタルサイネージ運用をサポートさせていただきます。 

また、ご案内のシステム以外にもお客様の環境や利用方法に合わせた独自のシステム開発、運用サポート、コンテンツ制作、京都新聞社ニュース・記事配信なども含め、ご提案可能です。 

ぜひ、当社担当窓口までお問い合せ下さい。 

 

関連コンテンツ

デジタルサイネージキット「美映エル(ミハエル)」 ご紹介
デジタルサイネージプレイヤー コンテック DS-210D ご紹介
デジタルサイネージ システム構築サービス ご案内

商標・登録商標

本サイトに記載・表示されている会社名および商品名、ロゴは、それぞれ各社の商標および登録商標です。

お問い合わせ

ソリューション営業部
電話:075-241-5552

ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。