print

注目キーワード!! 『グリーンIT』

2011年11月3日

 

 

 トップ

 

 

 増加し続けるサーバ群、膨大なストレージ、大型化する液晶モニター、また、パソコン以外にタブレットPCやスマートフォンと一人で複数台の情報機器保有が当たり前となり、今まで以上にIT分野での電気使用量は増加しています。「電気がなければ使えないもの」、それがIT機器であり、ITシステムです。

 

 東日本大震災をきっかけとして、夏季の節電対策は全国に広がり、サマータイム制の導入や休日変更など様々な試みや対策がとられました。冬季もさらに厳しくなるとも報道されています。そのような電力事情に対し、IT分野からの省エネ・CO2削減などエコ対策をピックアップしご紹介いたします。

 

IT分野の省エネ、CO2削減 = グリーンIT

技術の進歩によるIT機器の消費電力削減や駆動時熱量抑制が進んでいます。グリーンITの名のもと、ハードウェアだけでなくITシステム活による省エネ、二酸化炭素(CO2)の排出削減が図られています。

 

グリーンIT とは・・・ ウィキペディア(http://ja.wikipedia.org/)へ外部リンクします。

 

 

既にお客様におかれましても、様々なグリーンIT化対策がとられていることと存じます。たとえば、・・
 1. サーバーやネットワーク機器などを省エネ型機器に更新したり、選定することで実現するグリーンIT化
 2. ICTを活用して、業務の効率化など図ることで実現するグリーンIT化
 3. 3Rや半導体製品の鉛フリー化などLCAの観点からみたグリーンIT化 など。
     ※3Rとは、Reduce(リデュース:減らす)、Reuse(リユース:繰り返し使う)、Recycle(リサイクル:再資源化)
     ※LCAとは、ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessmentの略)  

 

 

上記以外にも様々な省エネ対策がとられてきています。  

当社も本サイトで幾つかのソリューションをご紹介してきました。  
  

当社取り扱いの省エネ・節電商品・サービス

 

  具体的な商品・サービス 紹介コンテンツ
省エネ機器

ストレージ統合

シンクライアント

ユニファイドストレージ EMC VNXe

シンクライアントシステム

仮想化 サーバー仮想化 仮想化インフラの標準「VMware vSphere 5」
業務効率化 ペーパーレス文書管理システム ペーパーレスからはじめるオフィス革新「NEC UNIVERGE
  ビジュアルキャビネット」のご紹介
     

 


 より消費電力の少ないハードウェアの選定、仮想化技術によるサーバ機器の集約、文書のペーパーレス化による紙資源の減少、再生サービスの活用などにより、省エネ、二酸化炭素(CO2)削減を進めています。

 

 

 

商標・登録商標

 本サイトに記載・表示されている会社名および商品名、ロゴは、それぞれ各社の商標および登録商標です。

 

お問い合わせ

ネットワーク部
電話:075-241-5552

ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。