print

IT価値創造塾 VMwareの仮想化・クラウド情報サイトご紹介

2014年12月12日

 

IT価値創造塾

 

ヴイエムウェア株式会社運営 「IT価値創造塾」サイトご案内

 

ヴイエムウェア株式会社が運営する「IT価値創造塾」サイトは、仮想化からクラウドまで、導入や構築をご検討頂く際に必要な情報を分かりやすく解説している総合情報サイトです。

ぜひご利用ください。

 

例えば・・・ サーバ仮想化とは? と思ったとき

ホーム / 仮想化とは?  とたどり

 

サーバ仮想化とは? では、 下記の様な情報が表示されます。  実際のサイトでは

 

様々な仮想化の中でも最も実用化が進んでいるのがサーバ仮想化で、1台の物理サーバ上で複数の仮想マシンの運用を実現します。今回は、サーバ仮想化を活用するメリットを、さらに深く掘り下げていきます。

 

こんな課題解決にサーバ仮想化が役立つ

現在のビジネスはITなくては成り立たず、様々な業務でサーバの導入が進んでいます。ただ、その一方で社内の各所に分散・乱立する物理サーバは、ハードウェアの導入・維持コストを上昇させるとともに、運用管理の作業負荷も増大させていきます。この課題を解決する技術として、サーバ仮想化が注目されています。

 

サーバ仮想化の主な方式仮想化によって物理サーバを集約することで、業務効率を向上するとともに運用コストを最適化したIT統合インフラを構築することができます。

一口にサーバ仮想化といっても様々な方式があり、大きく次の3つのタイプに分けることができます。

物理パーティショニング

物理サーバ上に独立したハードウェア区画(パーティション)を設けて分割する方式。

物理パーティショニング

 

ホスト(仮想OS)方式

物理サーバのOS上に仮想化ソフトウェアをインストールし、その上で複数の仮想化環境を稼働させる方式。

ホスト(仮想OS)方式

  

ハイパーバイザ方式

 ハードウェアとOSの間に位置するハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアによって、物理リソースを制御する方式。

ハイパーバイザ方式
上記のサーバ仮想化の中で最も普及しているのがハイパーバイザー方式です。ヴイエムウェアの「VMware vSphere®」は、同方式を代表する商用製品であり、世界中の多くの企業に採用されています。

 

 

導入事例紹介や関連資料のダウンロード


このような仮想化に対する疑問やメリットなどを解説したコンテンツのほか、多種多様な業種・分野への導入事例紹介や関連各種資料のダウンロードなど、仮想化導入検討いただく際に有益な情報が盛りだくさんです。


詳しくはこちらIT価値創造塾ご確認ください。

 

 

VMwareパートナーエリアコンテスト 受賞お礼 

当社は2014年4月~2014年9月度のVMwareパートナーエリアコンテストにて、近畿地区1位の表彰をいただきました。これも一重にお世話になりましたお客様、ご協力いただいた関係各位のお蔭です。心よりお礼を申し上げます。

 

VMwareパートナーエリアコンテスト も紹介されています。

VMwareパートナーエリアコンテスト2014年4月~2014年9月度  

http://vmware-juku.jp/areacontest2014fh/

 

 

商標・登録商標

記載の社名、製品名、ロゴは、各社の商標または登録商標です。

 

 

お問い合わせ

ソリューション営業部
電話:075-241-5552

ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。