print

シンクライアントシステムのご案内

2011年6月8日

トップ

 

当社がお薦めする「3つの方式」のシンクライアントシステムをご紹介いたします。

 

 

 

 

なぜ、シンクライアントなのか?

近年、シンクライアントシステムが注目を集めています。なぜ、シンクライアントシステムの導入が検討され、実際に導入されるのか?整理してみましょう。

 

 

こんなことでお困りではございませんか?


コンピュータをビジネスで使う場合、多くの対策を施しています。

  1. 暗号化
  2. パスワード
  3. 利用制限
  4. ログ
  5. 操作監視
  6. 資産管理
  7. ライセンス管理
  8. ウィルス対策
  9. 環境復元

多くは、情報漏えい対策や資産管理に関する対策ですが、これ以外にも、レジューム機能による未使用時の節電対策や、二重化・バックアップによるデータ保全への対策、リモート機能やファイル配布機能などによるバージョン管理や維持管理コストの削減などへの対策を施しています。また、持ち出しの制限などのルール作り、セキュリティに関する勉強会の実施など、システム以外の部分での対策もございます。

 

これらの課題は、それぞれの業種や職種で重要性や緊急性は異なるかもしれませんが、ほぼ同じかと思います。
内的・外的要因を含め、経営者様、システム管理者様、そして利用者様はそれぞれの立場で対策に悩まれていると思います。

 

 

 

お困りではございませんか?

 

 

シンクライアントシステムは最適なソリューションです。

 

すべてを解決できる魔法の仕組みではないですが、シンクライアントシステムは、オフィスのさまざまな課題解決に最適なソリューションを提供します。

 

  1. データは、サーバ側で一元管理するため、紛失や盗難にあっても情報漏えいしない。
  2. クライアントにデータを残さない。
  3. システム自体もサーバ側で管理するため、集中管理が可能です。
  4. HDDなどの駆動部がなく、静音で、省電力、そして、消費電力も少なくて経済的。

 

 

当社がお薦めする3つの方式

当社お薦めのシンクライアントシステム

シンクライアントシステムの仕組みは、複数のメーカーから様々な仕組みで提供されています。ここでは、当社がお薦めする「3つの方式」のシンクライアントシステムをご紹介いたします。

アプリケーション配置型
XenAppは、Windows Server上で動作するミドルウェアとなります。このミドルウェアを使うことで、WORDやExcelなどのOAアプリケーションや業務システムがブラウザや画面配信専用アプリケーション(ICAクライアント)を介してクライアント側と通信を行います。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。 

アプリケーション仮想化「Citrix XenApp」で実現するシンクライアントシステムご紹介

 

仮想デスクトップ型


XenDesktopは、DesktopDelivaryControllerやProvisioningサービスなどの複数のサービスで構成されています。クライアントOSとなる仮想OSは、VMware vSphereなどのハイパーバイザー型サーバ上に環境構築します。XenApp同様、サーバ上で動作している画面情報がXenApp同様、画面情報としてクライアントに配信されます。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

デスクトップ仮想化「Citrix XenDesktop」で実現するシンクライアントシステムご紹介

ネットブート型

XenDesktopのひとつのサービス「Provisioning Service」を使用し、画面イメージでなく、OSのイメージをクライアント側に配信します。配信されたイメージは、クライアント側で展開され、通常のパソコンにインストールされている状態にしてから動作します。毎回起動時にOSイメージを配信するため、パソコン教室などの高速なネットワーク環境が必要となります。

方式別機能比較

それぞれの方式には特長があり、利用環境に合わせた方式の選定が必要になります。それぞれの方式の特長をご説明いたします。

 

シンクライアントシステムのどの方式もサーバから一元管理されたシステム(画面情報)やデータを取得することになるため、ネットワークへの接続は必須条件となりますが、3つの方式を相対的に比較すると、ネットワークへの依存度は下記のようなイメージになります。

 

また、シンクライアントシステムは、仮想化技術を利用しているため、通常のパソコン利用であまり意識しない移行時の制約の度合いを知っておく必要があります。導入検討時には、実際に動作させたいアプリケーションが動作するかどうかの検証が重要な要件となります。

方式別機能比較

 

  

 

ワンストップサービスでご支援いたします。

当社は、ビジネスシーンにおけるクライアント環境として、シンクライアントシステムは大きな役割を担っていると考えています。クライアントだけでなく、サーバー環境、ネットワーク環境、システム開発、運用支援と、お客様のICT環境をワンストップでご支援いたします。

まずは、ご相談ください。

当社は、ビジネスシーンにおけるクライアント環境として、シンクライアントシステムは大きな役割を担っていると考えています。

 

シンクライアントシステムの導入は、クライアント環境の置き換えだけに留まらず、それを支える

 

・サーバー環境やネットワーク環境の提案、構築
・安全安心にご利用いただくための最新のセキュリティ対策ソリューション
・豊富な運用支援実績
   

など、多くのノウハウや多岐にわたる専門知識を必要とします。

 

 

クライアントだけでなく、サーバー環境、ネットワーク環境、システム開発、運用支援と、お客様のICT環境をワンストップでご支援いたします。

 

 

経験豊富なSEが、現状調査から企画・提案、システム構築、移行、運用後のサポートとお客様の環境にフィットするシンクライアントシステムをご提案いたします。

ワンストップサービス

 

パンフレットのご案内

こちらも合わせて、ご覧ください。

  デスクトップ仮想化ソリューション 「シンクライアントシステムのご案内」 (PDF)

  

パンフレット

 

 

 

 

 

商標・登録商標

本サイトに記載・表示されている会社名および商品名、ロゴは、それぞれ各社の商標および登録商標です。

お問い合わせ

ネットワーク部
電話:075-241-5573

ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。