print

無線LANの管理工数軽減に最適!D-Link無線AP集中管理ソリューション

2011年2月10日

d-link_DWS_page_image.jpg

スマートフォン、タブレット端末のビジネス活用が模索されている中、無線LANの整備が進んでいます。増加し続ける無線アクセスポイント(無線AP)の管理負荷を軽減するために集中管理可能な無線LAN製品が注目されています。無線APを集中管理し、管理工数の軽減を図るコスト・パフォーマンスのよいD-Link社の無線LANアクセスコントローラ DWSシリーズ、集中管理対応無線AP DWLシリーズをご紹介いたします。

 

 

無線APを集中管理するには・・・

ビジネス用途の無線LAN関連製品の中でも、集中管理できる無線AP製品とできない製品に分かれています。管理負荷軽減のためだけでなく、無線LANのセキュリティ確保のためにも、ぜひ集中管理対応の無線AP製品をご選定ください。

 

DWS-DWL.jpg

すでに、無線LANを導入されているお客様は多いかと存じます。当社も、多くのお客様に小規模から大規模に至る様々な無線LAN環境をご提案し、導入・構築させていただいております。

 

ビジネスシーンにおいて、iPhone/iPadに代表されるスマートフォンやタブレット端末の活用がされ始め、従来のPC利用とiPhoneの利用で端末数がいっきに2倍に膨れ上がっています。それに伴い、今まで以上に無線LAN環境整備の必要性が増加してきました。無線APを追加増設すれば、利用できるエリアの拡大は可能となり、また一方では、増加する無線AP数に比例して運用・維持管理にかかる工数も増大しております。
そこで、今回、無線LAN環境をコスト・パフォーマンスよく集中管理するD-Link社製無線LANコントローラスイッチ DWSシリーズを中心に、無線APの集中管理ソリューションをご紹介いたします。

 

無線LANの標準的な構成(イメージ)

一般的な無線LANのネットワーク構成は、上位のスイッチングHUBと無線APを有線ネットワークで結ぶ構成となります。この構成では、無線APの設定は個別に行い、個別に維持管理します。無線APが数台から十数台程度であれば、運用・維持管理もさほど問題にはなりませんが、無線APが数十台規模になってくると管理工数も台数に比例して増加していきます。お客様の状況はいかがでしょうか?


Ap_Image1.jpg

 

 


個別設定・個別管理では、維持管理工数が増加するだけでなく、有効な場所への設置やセキュリティ対策のルール設計などが煩雑となり、無駄なアクセスポイントの配置したり、セキュリティ対策にバラつきや設定抜けが生じたりすることが心配されます。

 

無線LANコントローラスイッチ、集中管理対応アクセスポイントの導入

無線APを集中管理するためには、集中管理に対応した無線APと専用のコントローラ機能を持ったネットワーク機器が必要となります。D-Link社では、ワイヤレスコントローラスイッチ DWSシリーズ、集中管理対応無線アクセスポイント DWLシリーズがその役割を担っています。

Ap_Image2.jpg

 

スイッチングHUBの上位もしくは、スイッチングHUBと同レベルに無線LANコントローラスイッチを配置することで、下位のアクセスポイントが集中管理できるようになり、集中管理専用ソフトウェアが提供により、コンソールから集中管理が可能となります。

 

 

D-Link社が提供する無線LAN統合管理機能

D-Link社の集中管理対応無線LAN製品を導入することで以下の管理機能が利用できます。

 

1. 自動チャンネル調整機能
2. 自動無線パワー調整機能
3. ワイヤレス侵入検知
4. Webブラウザ ユーザ認証機能
5. アクセスポイントのログ一元管理

 

 

無線LAN統合管理システムの機能紹介

無線APを集中管理することで・・・

D-Link社の無線LANコントローラスイッチ DWSシリーズと集中管理対応無線AP DWLシリーズを使い、無線LAN環境を構成することで、無線LAN統合管理システムを構築することができ、今まで多くの工数を必要としてきた無線LAN環境の管理が集中管理画面からコントロールすることが可能となります。

おもな統合管理機能

1. 自動チャンネル調整機能
 管理外の無線APとの電波干渉を検知し、使用する無線チャネルの自動調整を行います。電波干渉による接続不良などを防止いたします。

 

DWS_Kinou1.jpg

 

 

 

2. 自動無線パワー調整機能
 個々の無線APの電波出力を自動調整し、無線APの管理稼働を削減します。例えば、無線APが集まっているエリアの場合では電波出力を弱くします。また、隣接する無線APが故障した場合、自動的に電波出力を強化し故障した無線APのエリアをカバーします。

 

DWS_Kinou2.jpg

 

 

3. ワイヤレス侵入検知
 不正に接続されたアクセスポイントやパソコンを検知、分類、無効化し、ワイヤレスネットワークのセキュリティレベルを大幅に向上させることができます。

 

DWS_Kinou3.jpg

 


4. Webブラウザ ユーザ認証機能
 ワイヤレスコントローラスイッチは、Web認証機能(Captive Portal)をサポートしており、RADIUSサーバなどと連携し、より安全なワイヤレスネットワーク運用が可能となります。

 

5. アクセスポイントのログ一元管理
 管理下の無線APを利用しているすべてのクライアント情報がWebブラウザで閲覧できるため、包括的に管理することができます。

 

 

D-Link社 無線LAN集中管理対応製品のご紹介と導入事例 

D-Link社の中・大規模の無線LAN環境をコストパフォーマンスよく構築できる集中管理対応製品のご紹介と、当社が京都府宇治市教育委員会様に導入させていただきました事例をご紹介させていただきます。

 

従来、無線LAN アクセスポイントの選定ポイントは、屋内外などの設置場所や通信規格、ビジネス用途か、ホーム用途かを選定するものでしたが、今後は、特にビジネス用途向けでは、今回ご紹介した集中管理機能対応の無線LAN製品が新しい選定基準のひとつになってきました。 

今後、ますます無線LANは拡大し、それに伴い無線AP数は増加します。一方それに比例し、維持管理工数が増加するため、その増加への対策や有線ネットワークとは違ったセキュリティレベルの確保方法などが、大きな課題になるかと思われます。今回ご紹介しました集中管理機能を持った無線LANコントローラスイッチと集中管理対応無線APは、お客様が抱える様々な課題を解決する製品です。

 

製品のご紹介

d-link_logo2.jpg   ディーリンク・ジャパン ホームページ
  http://www.dlink-jp.com/
ワイヤレスコントローラスイッチ   DWSシリーズ
集中管理対応無線アクセスポイント   DWLシリーズ

 

 

導入事例 

当社が宇治市教育委員会様に導入させていただきました宇治市市内小中学校31校の無線LAN環境構築がディーリンクジャパン株式会社(D-Link社)のユーザ導入事例として紹介されています。 
 
宇治市教育委員会様 小中学校31校に無線LAN環境を整備 

uji_d-link_jirei.jpg




商標・登録商標

本サイトに記載・表示されている会社名および商品名、ロゴは、それぞれ各社の商標および登録商標です。

お問い合わせ

ネットワーク部
電話:075-241-5573

ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。