print

WSUS

2009年6月29日

WSUSとは

こんなことでお困りではありませんか?

クライアントPCそれぞれに手作業で更新パッチを当てるのは非常に手間が掛かる
更新パッチリリース後、一斉にアクセスが行われるのでネットワークの負荷が増大する

 

こんな悩みを解決してくれるのがWSUSです!

  • WSUS(Windows Software Update Service)とは?

マイクロソフトから提供されている組織向け更新パッチ管理ツールです。WSUS 3.0が最新版になります。
Microsoft Updateのローカル・コピー相当のサーバをLANに置いて、システム管理者が選択した更新パッチをクライアントPCに適用したり、適用状況をチェックしたりする無償のシステムです。
Microsoft Updateからリリースされた更新パッチを、ネットワーク内のコンピュータに配付する作業の完全な管理が可能になります。

 

従来だと・・・

01.jpg

ユーザーまたは管理者が、それぞれのクライアントPCにおいて更新パッチを手動でインストールする必要があります。
すべてのクライアントPCが、適切な更新パッチを適用できているかどうかを把握するのは非常に困難です。

 

導入例・効果

WSUS導入モデル

02.jpg

更新パッチはWSUSサーバにダウンロードして保管され、管理者によって承認された更新パッチのみを自動で適用し、適用情報のチェックも可能です。
これにより、クライアントPCのセキュリティの確保、更新状況の確認を確実なものにし、導入前と比べて作業に掛かる負担を大幅に軽減することが可能です。

 

こんな効果が期待できます

  • 更新パッチの自動適用が可能となり、作業の負担を 軽減することができます。
  • 管理者が当てるべきパッチ、当てるべきでないパッチの 取捨選択ができます。
  • クライアントPCの更新パッチ適用漏れを防ぐことができます。
  • 更新パッチ配付開始直後のアクセス集中によるネットワーク への負荷が無くなります。

 

システム要件・お問い合わせ

システム要件

  • WSUS 3.0システムはWSUSサーバ、WSUS管理コンソール、 WSUSクライアントに分離*されているため、   
    それぞれ異なるシステム要件が定義されています 。

WSUS 3.0の必要システム 

ターゲット WSUSサーバ 

WSUS管理コンソール

(管理者用コンピュータ)

WSUSクライアント

(お客様のPCまたはサーバ)

サポートOS

Windows Server 2008

Windows Server 2003 R2

Windows Server 2003

SP1以降

Windows Server 2008

Windows Vista 

Windows Server 2003 R2

Windows Server 2003

SP1以降

Windows XP SP2以降

Windows Server 2008

Windows Vista
Windows Server 2003 R2
Windows Server 2003
Windows XP SP2以降
Windows 2000 SP4

メイン・メモリ容量 1Gbytes以上 指定なし 指定なし
ディスク容量

Windowsシステム・パーティション

:1Gbytes以上

パッチ・ファイル用:6Gbytes以上

Windows内部データベース用

:2Gbytes以上

指定なし 指定なし
必要コンポーネント

IIS 6.0以降

 .NET Framework 2.0

MMC 3.0 

.Report Viewer 2005

.NET Framework 2.0

MMC 3.0

Report Viewer 2005

指定なし


*WSUSサーバとWSUS管理コンソールの分離/同居は選択可能です。

 

メーカーホームページ

マイクロソフト株式会社      http://technet.microsoft.com/ja-jp/wsus/default.aspx

 

商標・登録商標

本サイトに記載・表示されている会社名および商品名、ロゴは、それぞれ各社の商標および登録商標です。

お問い合わせ

ネットワーク部
電話:075-241-5573

ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。