print

Citrix XenApp® アプリケーション仮想化 ご紹介

2014年6月13日

CITRIX XenApp ロゴ

 

世界で最も利用されているアプリケーション仮想化ソリューション Citrix XenApp®。モバイル時代に、あらためて注目されているソリューションです。
デスクトップを介さずにWindowsアプリケーションを直接利用するため、最小限のオーバーヘッドであらゆるデバイスから利用可能です。

多様化するワークスタイルへの対応、モバイルデバイスのビジネス活用、変化への即応とコスト効率向上、セキュリティやコンプライアンスの遵守といった様々なビジネス課題を解決します。

 

XenApp 仕組み

 

XenApp® アプリケーション配信モデル

 

XenApp®では、お客様の利用環境、ニーズに合わせて2つのアプリケーション配信方式をご提供いたします。

 

XenApp 配信方式

 

VDI方式とサーバー共有型の違い

サーバー共有型は、RDS(リモートデスクトップサービス)に関わるライセンスのみで対応可能なため、ライセンスコストを最適化します。(Xen Desktop®で採用している VDI方式では、マイクロソフト「Windows Virtual Desktop Access(VDA)」ライセンスが必要です。詳しくは、こちらをご確認ください。)

 

VDI方式とサーバー共有型の違い

 

XenApp® ソリューションの特長

 

XenApp 特長

 

ライセンスの考え方

XenApp®のライセンスは、
同時接続数分での購入となります。1000ユーザの利用者がいても、600ユーザ同時利用ということであれば、600ライセンスの購入となります。
XenApp® にも3つのエディション(Advanced、Enterprise、Platinum)があり、必要な機能により、エディションを選択します。

 

XenDesktop® のライセンスは、
利用されるデバイス数分、もしくはユーザ数分必要です。1000台のパソコンやシンクライアントで利用される場合、1000ライセンス必要になります。最近は、一人のユーザが複数デバイス利用するケースが増えているため、デバイス数よりもユーザ数での購入が増えております。

また、利用する機能により、VDIエディション、Enterpriseエディション、Platinumエディション の3種類があり、また、XenDesktop®の機能の一部にXenApp®で提供される配信モデルも含まれております。

詳しくは、こちらをご確認ください。

 

Citrixライセンス体系

 

WindowsOSを利用する場合、XenDesktop®やXenApp®による環境構築には、上記のCitrix関連ライセンス以外にMicrosoft社のCALのほか、以下のライセンスが必要となります。

MSライセンス

 

ご検討時には利用用途、コストに合わせて、XenDesktop®、XenApp®の選定と、さらに機能に合わせたエディション選定をすることになります。

例えば、Microsoft Excel やWord をタブレットで利用する場合、同時接続数を積算した上で、Xen App® 導入の検討が必要です。また、機能制限したデスクトップ環境を外出先でもセキュアに利用したいといったご要望であれば、Xen Desktop® 導入を検討と、たいへん複雑です。

ご導入・ご検討の際には、ぜひ下記の当社 問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

XenApp® エディションと主な機能

 

XenApp エディションと主な機能

 

 

メーカーご紹介

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 (外部リンク)

 

商標・登録商標

 

記載の社名、製品名、ロゴは、各社の商標または登録商標です。

 

お問い合わせ

ソリューション営業部
電話:075-241-5552

ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。