print

ネットワーク性能監視ツール System Answer G2

2015年3月3日

midasi.png

 

昨今のネットワークシステムは、インターネットをはじめ、仮想化サーバ、ストレージシステムなど様々なシステムが複合化し、大きく複雑になってきています。そのため安全で安定した稼働を維持していくためには、システム全体を監視し、障害を未然に防ぐ事が重要な要素となってきています。

 

・サーバやネットワーク機器の死活監視はできていますか?

・ICTサービスの性能やネットワークトラフィックを把握できていますか?

・CPUやメモリ稼働状況、ディスクI/Oなどのキャパシティ分析ができていますか?

・ネットワークシステムの運用管理に時間を費やしていませんか?

 

ネットワーク性能監視ソフトウェア「System Answer G2」は、そういった課題に対し、簡単導入、

充実した機能により、ネットワークシステム全体の性能状態を容易に可視化できるツールとしてたいへん注目されています。

 

  無料でお試し!評価機貸し出しサービスのご案内

 

ネットワーク性能監視ツール System Answer G2を実際に使用し、サーバ(仮想サーバ)やネットワーク機器の負荷や動作状況を見てみませんか?

※ 機器貸し出し、設置方法等に関しまして、お客様とご相談させていただきます。 詳しくは、当社担当窓口までご連絡ください。
※ 当サービスは、京都・滋賀限定サービスとなります。ご了承ください。

 

webinquery.png telinquery2.png

System Answer G2とは


 

 

ネットワーク性能監視ツールSystem Answer G2は、サーバ(仮想サーバ)、ネットワーク機器、負荷分散装置、ファシリティなど、ICT全体の性能データを詳細に収集し、「見える化」を実現します。

 

主な特徴を下記で紹介いたします。

 

1.監視システムの一元化

監視システムの一元化.png

ネットワーク監視、仮想環境監視、サービス監視等、 今まで

別々のツールで行っていた作業をSystem Answer G2で一元

的に監視できます。

 

 

 

 

2. わかりやすいユーザーインターフェース

わかりやすいユーザーインターフェース.png

ユーザーフレンドリーなGUIインターフェースでシステム全体を容易に

管理可能。Nagios, MRTG, Zabbix, Cacti, Mumin等のオープンソース

監視ソフトウェアは、専門的な知識を必要とし、導入の敷居が高く、

運用負荷も大きいです。System Answer G2はアプライアンス製品の

ため、これらのソフトウェアに比較して導入、設定が簡単に行えます。

わかりやすいユーザーインターフェース2.png

 

3. 詳細情報取得による予防保守の実現

1分間隔の情報収集.png

5分、10分間隔ではキャッチアップできない変化も1分間隔であれば

正確に性能把握を行うことが可能です。 

 

 

1分間隔の情報収集2.png
 

4.障害個所の早期特定

トポロジー監視.png

視覚的に分かりやすく異常機器や障害影響範囲を確認できます。

 

 

 

トポロジー監視2.png

 
5.品質状況の把握

サービスレベル監視.png

サービス毎の応答時間を計測し、サービス提供状況や遅延状況を把握することができます。

 

 

 

サービスレベル監視2.png


 

6. VMWare vSphere仮想環境の性能監視

仮想空間性能監視.png

ESXとゲストOSの詳細な性能情報、イベント情報を低負荷で網羅的に把握することができます。

 

 

 

仮想空間性能監視2.png 

7.マルチベンダー機器対応

マルチベンダー機器対応.png

96メーカー、2,722項目(2015年2月現在)のプライベートMIBを標準機能でテンプレート対応している

ため、ネットワークシステムを簡単に管理できます。

 

 

マルチベンダー機器対応2.png

8. 自動分析・予兆監視

監視システムの一元化.png

高負荷TOP10の他、エラーや温度といった様々な監視項目をランキング形式で把握できます。
ベースライン監視では、システムの稼働状況を自動学習し、「いつもと違う」という動きを検知します。

 

 

自動分析・予兆監視2.png

 

 

System Answer G2ラインアップ

 

 

ラインアップ.png

 

 

分類

ラインアップ

VA

LA

RA

EP

DC

備考

構成

対象

小規模

小・中規模

小・中規模2

大規模

 

 

ホスト数

25200

2550

100200

1001,000

1,0005,000

※仮想環境のリソースに依存

項目数

10,000

30,000

2,000

10,000

30,000

10,000

100,000

10,000

100,000

※仮想環境のリソースに依存

提供方法

OVFイメージ

アプライアンス

アプライアンス

ソフトウェア

ソフトウェア

 

OS

CentOS6.x

CentOS6.x

CentOS6.x

CentOS5.x

CentOS6.x

RHEL 6.x

CentOS5.x

CentOS6.x

RHEL 6.x

 

監視間隔変更

115

監視データ

保存期間

最大3

最大3

最大3

任意

※2

任意

※2

2

OS環境に依存

監視エンジン分散

×

×

×

 

冗長化

×

×

×

※2

※2

2

OS環境に依存

監視データ

バックアップ

×

×

×

※2

※2

2

OS環境に依存

設定情報

バックアップ

※2

※2

2

OS環境に依存

操作

多言語対応

日本語・英語

Web UI

 

SSH

※2

※2

2

OS環境に依存

Console

×

×

※2

※2

2

OS環境に依存

Serial Console

×

※2

※2

2

OS環境に依存

監視

SNMP

 

レスポンス

 

アプリケーション

※3

※3

※3

3

Radius,DHCP監視未対応

コマンド監視

 

×

×

独自スクリプト

しきい値監視

上限、下限、各3段階

ベースライン監視

 

VMware監視

※4

※4

4

Esxi4.1/5.0/5.1

トポロジー

 

API

 

SNMPトラップ

 

Syslog受信

 

 

メーカーご紹介

 アイビーシー株式会社  (http://www.ibc21.co.jp/) 

 System Answer G2  (http://system-answer.com/)

 

 ※ System Answer G2はアイビーシー株式会社の登録商標または商標です。

 

お問い合せ

詳しい内容は、当社担当窓口までお問い合わせください。

 

商標・登録商標

System Answer G2はアイビーシー株式会社の登録商標または商標です。

本サイトに記載・表示されている会社名および商品名、ロゴは、それぞれ各社の商標および登録商標です。


ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。