print

情報漏えいからファイルを守る FinalCode

2014年8月1日

finalcode-title.jpg

 

渡したファイルが”あとから”消せる、魔法のソリューション Final Code

 

しっかり対策していても、情報漏洩は思わぬところから発生します!

渡したファイルが”あとから”消せる 魔法のソリューション

ファイル暗号化・追跡ソリューション“FinalCode”をご紹介いたします。

 

 

 

情報漏えい事件への対策は十分ですか?

 

 

 情報漏えい事件の原因の7割が「ミス・誤動作」となっています。

そのため、これらのミス・誤動作のしない工夫、あるいはしてしまった後の対策がない限り、情報漏えい事件をなくすことはできません。

 

円グラフ

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------
2011年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~
第1.3版
2014年1月21日
NPO 日本ネットワークセキュリティ協会
セキュリティ被害調査ワーキンググループ
情報セキュリティ大学院大学
原田研究所 廣松研究室
http://www.jnsa.org/result/incident/data/2011incident_survey_ver1.3.pdf
-----------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

FinalCodeの4つの特長

 

1.情報を守る

FinalCodeは閲覧可能者、許可操作を設定・管理可能です。閲覧可能者を指定することで、仮にファイルが流出しても流出先では開封できないためファイルの中の情報が漏えいすることはありません。また、許可操作の設定により、コピーや印刷の制限をすることで、複製や改変を防止できます。

 

FinalCodeでは暗号化、複合化の際にパスワードを使用しないため、ファイルと一緒にパスワードが流出する心配がありません。

 

パスワードレス

 

 

2.ファイルの行方を記録する

暗号化ファイルのアクセスログを取得、確認することができます。さらに、ファイルの操作ログも確認可能のため、ファイルの流通経路・アクセス履歴を残すことにより、不審操作への即時対応と不正行為への抑止効果が期待できます。不正アクセス時にはアラートをメール通知する機能もあります。

 

アクセスログ管理

3.もしもの時は後から消せる

送信後の権限編集が可能のため、暗号化したファイルの権限設定は、送信者はいつでも自由に変更できます。また、不正アクセスを検知した時など、いざというときはリモートでのファイルの削除も可能であるため、安心して重要ファイルを渡すことができます。

 

リモート削除 

 

 

4.選べる利用形態

FinalCode ASP(クラウド版)

FinalCodeクライアントソフトをダウンロードしてインストールするだけなので、サーバー環境構築の手間が省け、運用管理の負担も軽減することができます。

管理サーバーはデータセンターにて24時間365日体制で監視しているため、メンテナンス面での負担も軽減することができます。

 

クラウド版.png

 

 

FinalCode Enterprise(オンプレミス版) 

FinalCodeサーバーを自社運用したい場合に最適です。

 

どちらの利用形態でも、暗号化ファイルの閲覧・編集のみを行うユーザーは無償の「FinalCode Viewer」をお使いいただけます。

 

 

 オンプレミス版

 

 

FinalCodeの仕組み 

 

 

FinalCodeはファイルの暗号化・閲覧・編集を行う「FinalCode Client」と、ファイルの権限情報等を管理する「FinalCode Server」で構成されます。

FinalCodeによる暗号化や複合化にはFinalCode ClientViewerFinalCode Serverに接続可能な環境が必要となります。

 

サーバー/クライアント相互の鍵交換による端末認証し、人間が認識するIDとして受信確認時のメールアドレスを利用します。

また、ハードウエア固有情報と関連付けられた認証を行うため、鍵ファイルのコピー、HDDの抜き取りが行われても認証エラーとなり、ファイルは開けません。

 

これらの仕組みによって重要なファイルを情報漏えい事件から守ります。

 

仕組み

 

 

メーカーご紹介

デジタルアーツ株式会社 FinalCode

 

お問い合わせ

詳しい内容は当社担当窓口まで、お問い合わせください。

商標・登録商標

記載の社名、製品名、ロゴは各社の商標または登録商標です。

 


ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。