print

ハードディスク暗号化 Check Point Full Disk Encryption

2016年4月1日

タイトル

 

ご利用のパソコンは万が一の盗難や紛失による情報漏えい対策は万全ですか?

フォルダ単位の暗号化では大切な情報が漏えいしてしまう可能性があります。

「Check Point Full Disk Encryption」はOSなどのシステム領域を含むドライブ全体を暗号化することで強力なセキュリティを実現し、大切なデータを守ります。

  

 

商品概要

Check Point Full Disk Encryptionは全世界で6300万ライセンスの出荷実績を持ち、日本国内では175万ライセンスを出荷するハードディスク暗号化ソフトウェアです。

ハードディスク全体を暗号化することで、ハードディスク上に保存されているユーザープロファイルやオペレーティング・システム、一時ファイル、ゴミ箱のファイルを含むすべてのファイルを包括的に保護します。利用者は、ファイルを作成するたびに暗号化を意識する必要がなく、暗号化漏れを防ぐことができます。

また、Windows OSの起動前にユーザー認証を行うことで、不正ユーザーのPC利用を防ぎます。

 

Full Disk Encryptionは、オフライン環境/ネットワーク環境の双方に対応しています。LANに接続しないマシンにも暗号化を導入することが可能です。

 

 

 

機能

フルディスク暗号化

最強度の暗号化アルゴリズム(256bit: AES/Blowfish/3DES/CASTから選択可能)を利用し、OSなどのシステム領域やデスクトップを含め、ハードディスク全体をセクタレベルで暗号化します。

もし悪意のある者が、ハードディスクを抜き取り、解析を試みても情報を読み取ることはできません。その上、運用時のシステム動作の低下は2~3%程度と、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えています。

 

独自認証の仕組み

電源投入後、Windows OSが起動する前にFull Disk Encryption独自のユーザー認証を行うことで権限のないユーザーによるOS起動を防げます。それにより、悪意のある第三者からのWindows OSを対象にしたパスワードクラッキングなどができない環境となります。

起動前認証とOS認証の両方が煩雑な場合には、シングルサインオン連携が可能です。

 

独自認証の仕組み

 

わかりやすいユーザーインターフェース

管理コンソールやツールはGUIでわかりやすいため、パスワード忘れや起動障害時の対応もしやすく、セキュリティステータスやログファイルを単一のコンソールから確認することができます。

 

 

構成

2種類のシステム構成

サーバー管理版

管理サーバーとコンソールで一元管理が可能です。

管理サーバー上でポリシーやインストールイメージの作成ができ、作成したインストールイメージをUSBやCD-ROM経由でオフライン環境の端末にもインストールすることができます。

 

サーバー管理版

 

スタンドアロン版

メーカーが提供するクライアント端末向けの標準的なポリシーのインストールイメージを展開することで管理サーバーを構築することなく暗号化することができます。

パスワード忘れ時の対応や、リカバリディスクの作成はオフライン管理ツールで実施することができます。

 

スタンドアロン版 

 

※詳細な構成については、こちらをご確認ください。

サイバネットシステム株式会社様:http://www.cybernet.co.jp/checkpoint/products/fde/

 

 

仕様・システム要件

サーバー管理版の動作環境

クライアント

 

OS

Windows Vista Enterprise, Business SP2/64bit, BIOSのみ

Windows 7 Enterprise, Professional, Ultimate SP1 32/64bit, UEFI/BIOS

※UEFI環境は64bitのみ対応

Windows 8 Enterprise, Professional 32/64bit, UEFI/BIOS

Windows 8.1 Enterprise, Professional 32/64bit, UEFI/BIOS

Windows 10 32/64bit Build 10240 BIOS/UEFI

※UEFIバージョン2.3.1またはそれ以降が必要 

CPU Intel Pentium III 450MHz以上を推奨
メモリ 1GB以上
HDD 1GB以上

 

管理コンソール

 

OS

Windows Server 2008 SP1/SP2 32/64bit

Windows Server 2008 R2 SP1

Windows Server 2012 R2

Windows Vista SP1/SP2 32bit

Windows 7 Enterprise/Professional/Ultimate SP1 32/64bit

Windows 8/8.1 Pro/Enterprise 32/64bit

CPU Intel Pentium Processor E2140、もしくは2GHz以上のプロセッサ
メモリ 2GB以上
HDD 2GB以上
ディスプレイ解像度 1024×768以上

 

管理サーバー

 

OS

Windows Server 2008 SP1/SP2 32/64bit

Windows Server 2008 R2 SP1

Windows Server 2012 R2

Windows 7 Enterprise/Professional/Ultimate SP1 32/64bit

※専用サーバーとしてください

※Microsoft .NET Framework(OSによるバージョンは異なります)

CPU Intel Pentium Processor E2140、もしくは2GHz以上のプロセッサ
メモリ 2GB以上
HDD 10GB以上
その他

・Active Directory構築済みの環境を推奨

・1台のサーバーで管理できるエンドポイント数は最大2万台

 

スタンドアロン版の動作環境

クライアント

 

OS

Windows Vista Enterprise, Business SP2 32bit/64bit, BIOSのみ

Windows 7 Enterprise, Professional, Ultimate SP1 32/64bit, UEFI/BIOS

※UEFI環境は64bitのみ対応

Windows 8 Enterprise, Professional 32/64bit, UEFI/BIOS

Windows 8.1 Enterprise, Professional 32/64bit, UEFI/BIOS

Windows 10 32/64bit Build 10240 BIOS/UEFI

※UEFIバージョン2.3.1またはそれ以降が必要です

CPU Intel Pentium III 450MHz以上を推奨
メモリ 1GB以上
HDD 1GB以上

 

オフライン管理ツール

 

OS

Windows 7 Enterprise/Professional/Ultimate SP1 32/64bit

Windows 8/8.1 Pro/Enterprise/ 32/64bit

Windows 10 32/64bit

CPU Intel Pentium III 450MHz以上を推奨
メモリ 512MB以上
HDD

32bit 1GB以上

64bit 2.5GB以上

その他プログラム Microsoft Visual C++ 2008 SP1 Redistributable Package .Net framework 4.5

 

各システム要件について、詳しくはこちらhttp://www.cybernet.co.jp/checkpoint/products/fde/system.html)をご確認ください。

 

 

価格

詳しくは担当者までお問い合わせください。

 

    お問い合わせ

 

 

 

メーカーご紹介

サイバネットシステム株式会社

http://www.cybernet.co.jp/ 

 

「Check Point Full Disk Encryption」

http://www.cybernet.co.jp/checkpoint/products/fde/

商標・登録商標

本サイトに記載・表示されている会社名および商品名、ロゴは、それぞれ各社の商標および登録商標です。

 

 

 


ウェブページからのお問い合わせ

お問い合わせ当社の製品・サービスについて、お気軽にお問い合わせください。

【受付時間】 平日 8:30~17:00
土曜日・日曜日・祝日・年始年末ほか、当社休業日にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降の回答となりますのでご了承ください。