最終更新日 2019年11月26日

title_Symantec_haishin.jpg

LGWAN(総合行政ネットワーク)接続しているサーバやPCにおいて、最新の定義ファイルに更新ができていますか?LGWANはインターネットから切り離されたネットワークであるため、ウイルス対策ソフトの定義ファイルを自動的に更新することはできません。

「ウイルス定義ファイル配信サービス」をご利用いただくことによって、LGWANに接続した環境でウイルス対策ソフトの最新の定義ファイルを自動更新することが可能です。

商品概要

「ウイルス定義ファイル配信サービス」は、LGWANに接続した環境で、下記のウイルス対策製品の最新の定義ファイルを配信するサービスです。

【対象製品】
Symantec Endpoint Protection

機能

Symantec Endpoint Protection

LGWANに接続している環境では手間がかかる定義ファイルの更新作業を、インターネットに接続している環境と同様に自動取得の運用にすることが可能です。

構成

ウイルス定義ファイルの配信サーバーをご提供します。
庁内でご使用のSymantec Endpoint Protection管理サーバー(SEPM)から、LGWAN経由で最新の定義ファイルを取得していただけます。

Teigi_Kousei.jpg

ご利用について

  • SEP管理サーバーがLGWANに接続ができる必要があります。

ご提供価格

初期費用:50,000円(税別)
月額費用:18,000円(税別)

※別途、各Symantec製品のライセンスを保持している必要があります。

ウイルス定義ファイル配信サービス チラシ

ウイルス定義ファイル配信サービス チラシ をご利用ください(238KB)

コメント 2019-11-18 201013.png

お問い合わせ

詳しくは当社担当窓口までお問い合わせください。

tel3.png

商標・登録商標

本サイトに記載・表示されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標です。